· 

生産性を向上させるには

設計業務でCADを利用されている皆様、業務効率化について悩みを抱えておられることはないでしょうか。従業員の皆さまはCADの操作方法を正しく理解していないことで、数時間で完了することを1日以上かけていることはありませんか?

 

例えば、何十枚も印刷を行う際に、図面ファイルを1つずつ開いて印刷していませんか。大量印刷は、ファイルを開くことなく一度に出力を行うことができます。印刷中は他の作業を行うことで、今より確実に業務効率が向上します。ただし、一人だけが頑張っても効率はわずかにしか向上しません。会社として作業の標準化に取り組むことで、作業効率が一気に向上します。仕事は準備で決まります。

 

会社全体で、チーム全体で、CADを正しく操作することを理解し、効率化を目的として全員で取り組むことで、すぐに効果を感じることができます。我々は、教育を通して効率化を目的とした標準化を長年行って参りました。もし、「自社の取り組み方はどうなのだろうか」と思われる場合は、是非ご相談ください。

 

そして、その準備として必ず必要なことは、「全員が同じように操作方法を理解し、CADを扱える」ことです。タブレットやスマホ、PCで空いた時間に学習できるIJCADのEラーニングをご提供できることになりました。

 

これまで、遠方で教育を受けるための受講費や交通費・宿泊費、受講時間などの様々な問題があり、後回しになっていたことも容易にチャレンジすることができます。従業員、一人一人にIDを与え、社内管理者が受講状況を把握することができるため、積極的に受講を促すことができます。