新入社員研修事例

※2020年実施例(建設系)

●2日間研修

目的:CADを初めて触る方が簡易的な図面と修正が出来る様なレベルを目指す。

《1日目》


項目 内容
開講ご挨拶
(研修スケジュールのご説明、教材の確認)
 

製図の基本

課題1:展開図の作図

製図の基本とマナーを指導。

展開図・線種・線の太さ・バランス

を通して計画性も含め指導。

IJCADやAutoCAD、その他CADとの関係 

インターフェースと特徴 

IJCAD操作のコツを解説  

作図コマンドの操作方法 

IJCADの位置づけについての説明。

新規図面作成から基本的な作図に必要な機能説明について演習問題を通してCAD操作を行う。

座標と尺度の考え方 

演習1

オブジェクトスナップの利用方法 

図形選択方法 

【演習1】

座標やOスナップを使用した作図方法について習得します。 

画層の利用方法

 

修正コマンドの操作方法 

距離計算、オブジェクトプロパティ管理 

演習2

【演習2】

指定した点から条件に合わせた点を求める考え方の練習。 

本日のまとめ、質疑応答、翌日の研修スケジュール説明

 

《2日目》

項目 内容
研修スケジュールの確認                                                            

図面尺度の考え方

演習3のボックスカルバートについての説明

演習図面の作図方法説明(全体の流れ)

1日目の展開図作図(手描き)を再度、実図面を通して再度確認するとともに、製図の基礎をCADで学ぶ。ボックスカルバートはどのような場所で活用されているのか、どのような形状のものなのかを写真などで説明。                

展開図を作図、修正(一部)

寸法線作図、修正

引出線作図、修正 

文字記入、修正 

寸法線や引出線、文字の作図や修正を行うことで、「製図のマナー」を意識することを指導。

使用する各設定の概略説明

・画層 Bylayerを使用する

・文字 文字スタイルの概要 

・引出線 引出線スタイルの概要 

図面作図に必要な各種設定の概要を学ぶ。

印刷方法(モデル)の説明、印刷

 

テンプレートの作り方

 印刷設定及び、モデル空間に完成した図面の印刷を行う。

テンプレート(A3,S=1/100)を作成する。


【研修概要】

① 製図の基本を身に着ける

② IJCADの特徴を知り操作方法のコツを習得する

③ 手描きやCADの製図等を通して、計画⇒作業の重要性を学ぶ


どのような目的の研修をされたいかをヒヤリングさせていただきます。

指定の課題図面のご提供もお受けいたします。
建設・機械など専門分野の講師がご相談の上、研修スケジュールを組ませていただきます。

まずは、ご相談をお願いいたします。