· 

在宅勤務で新型コロナウィルスと付き合う

テレビをつけると新型コロナウィルス感染のニュースで、気持ちが落ちてしまうのを何とか切り替えようと日々戦っています。

これを読んで頂いている皆様も、様々な状況におかれ日々戦っておられると思います。

ウィルスに感染しないように行動することを続け、1日も早く終息すること心から願うばかりです。

 

さて、東京都が週末の外出自粛やテレワークの徹底を要請しました。

急に働き方が変わって戸惑っている方が多くおられることでしょう。

ためになるかどうかは全く不明ですが、私の在宅ワーク時代を思い出しながらお伝えします。

 

会社勤めを辞め、フリーランスで長らく働いておりました。

通勤される方が、自宅から会社への移動中に「働くモード」に切替えているのと同じで、フリーランス時代の私は仕事机にスタンバイすることが「働くモード」への切り替えだったような気がします。

「通勤に1時間」と「机に座るだけ」、浮いた時間差を好きなように使えることに最初は感動していました。

 

会社勤めの知人達には、「よく自分で仕事時間をコントロールできるね」と何度同じことを言われたかわかりません。

最初のポイントは「自分なりの快適さを感じる仕事環境を作ること」で、そこに居続けることに慣れること。

先ずは恰好からで、コクヨさんのおしゃれな机に椅子を買いました。

会社勤め時代の机と椅子とは全く違い、オシャレで機能的…雲泥の差。

さらに会社の電話番をしなくてもいい、最高じゃないですか。

 

通勤しなくてもいい、時間を自由に使えると初めはキラキラしていましたが、メリットばかりではありませんでした。

「家に居る人」になった瞬間、家族から便利使いされるようになり、用事を頼まれることが多くなりました。

家族や同居している方がいる人は、問題の大小にかかわらず発覚した時点で「仕事時間確保」のために、早めに解決してください。

溜め込むのは自分にも、仕事にも結果的に良くありません。

 

けれど、比較するとメリットの方が多かったように思います。

隙間時間を利用して家事や語学勉強、スポーツなどを行っていました。

この隙間時間が人を豊かにすることがわかり、時間を有効に使うことを徐々に身に着けていきました。

 

しかし、在宅ワークは結果として会社勤務よりも厳しいかもしれません。

会社勤務では、日常的に周囲を見ているのでなんとなく実感していることも、在宅ワークでは無くなってしまいます。

結果がより明確に見えてしまうことが多くなることによって、「仕事の出来・不出来」の差はこれまで以上に大きくなることを想定して行動をしないといけないということが、経験が増えることで段々理解ができてきました。

私の場合は気が付くと、学生時代よりも勉強している時間が圧倒的に多くなっていました。

 

様々な働き方がある方がいいですから、在宅ワークを実践してみることはとてもいいことだと思います。

結果的に人や職種に対して向き、不向きがわかって、どのような業務が在宅しやすいのか選別ができ、

働き方が整理されていくと考えると良いことではないでしょうか。

急な取り組みとなったかもしれませんが、プラスに受け取れるよう努めたいものですね。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

 

□□□□□5670(コロナゼロ)キャンペーン□□□□□

在宅勤務・自宅待機の方を応援します!

IJCAD Eラーニング<速習&実践コース> 30,000円⇒24,330円(税抜)

本日より5月末申込まで 5670円引き